コーチ


コーチ COACH

コーチと言えば学生時代、部活で良く叱られたっけなぁ、お元気でしょうか?コーチ・・・って、それは違いますね。

コーチは1941年、米ニューヨーク・マンハッタンで、皮革小物工房として生まれました。


現在は、高級ブランドとして、バッグや財布など幅広いアイテムを展開しています。

様々なマテリアルで、手頃な価格から高級品まで揃えているので、オシャレな女性層のニーズを全てカバーしている、ブランドでありながらとても身近な存在のコーチ。

最近では、メンズバッグにも力が入り、さまざまなデザイン展開をしています。

コーチ物語

コーチ ロゴ

コーチは1941年、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻と友人たちによって、皮革小物の工房「ゲイル」として、ロフトの様な所からスタートしました。

「いいものを作る」という信念のあった夫妻は、使うほど手に馴染み、味わい深くなる野球のグローブからヒントを得て、1960年代に第1号のバッグを世に送り出しました。

それは耐久性や機能性を重視しながら、化学薬品を一切使用しない、天然皮革で作られたバッグでした。

そして第1号のバッグの誕生と時を同じくして、「ゲイル」と言う社名を現在の「コーチ COACH」に変更します。

このコーチと言う名は、15世紀に馬車の製造を始めた、ハンガリーの町「コチ」に由来していると言われています。

その他諸説あり、「馬車=人や物を目的地へ運ぶ」「スポーツのコーチ=目標へ導く」だから・・・

「コーチ COACH=バッグに大切なものを入れて運ぶ」などとも言われていますが、若干こじつけ感が否めません。

1962年には、IBMのユニフォームをデザインした事で知られる、ボニー・カシンをデザイナーに迎え入れます。

その後は、「カシン・キャリー」「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」を次々と発表し、一流ブランドへの変貌を遂げていく中1985年、サラ・リー・コーポレーションに吸収合併されます。

コーチ 銀座店
コーチ COACH 銀座店


1996年には現在のコーチ社長兼エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター、リード・クラッコフ迎え入れ、事業展開や広告戦略、店舗デザインを強化し、コーチを世界的ブランドへと押し上げ現在に至ります。

さて、ここ日本では1988年9月、横浜三越に初のコーチショップがお目見え、続いて日本橋三越店がオープンしました。

そして2002年5月には、銀座に初の旗艦店をオープンさせます。

1年足らずの翌年4月には、関西で初の路面店を心斎橋にオープン、同月、第2の旗艦店を渋谷にオープン、そしてつい最近の2010年8月、青山にフラッグシップストアがオープンしました。

コーチのコンセプトは「手の届くラグジュアリー」。「会いに行けるアイドル」と似ている気がしますが、そんな事は気のせいです。ブランド界のAKB48のごとく、日本でのコーチ快進撃は留まるところを知りません。


コーチ バッグ

コーチと言えば、まずはバッグ。銀座や丸の内あたりで10分歩けば、コーチを持っている人に遭遇するだろう・・・と思う「OLも歩けば、コーチに当たる」くらいの、所持率です。

そういう私も、私の周りも、やはり1個は持っていますね。1個持っているんだから、もういらないだろう!と言われてしまいそうですが、次から次へと欲しくなってしまうのがコーチの七不思議。お値段もちょっと頑張れば買えるところが、支持されている大きな理由でしょう。

コーチのマテリアルは、みなさんご存知のシグネチャーが思い浮かびますがレザーは、それとはまた違った、味わい深い高級感があります。

異なった顔を見せるマテリアルの他に、コレクション別・シルエット別に様々な個性あるのものがあります。

コーチ ショルダー シグネチャーBWコーチ サッチェルRDコーチ ショルダー シグネチャーBKコーチ ホーボーPPコーチ サッチェルBZコーチ ホーボーBK
コーチ バッグ ラインナップ








コレクション マテリアル
(素材)
シルエット
(バッグの形状)
コーチ ポピー
マディソン
ウィリス
ハンプトンズ ウィークエンド
クリスティン
クラシック コレクション
レザー
シグネチャー/ オプ アート
トート
ショルダー バッグ
クロスボディ
サッチェル
ホーボー


コーチ マテリアル

マテリアルとは、生地や素材の事なんですが、公式サイトでは「レザー」と「シグネチャー/ オプ アート」の2つに分類されます。このシグネチャー/ オプ アートは、そもそも「シグネチャー」と「オプ アート」別物で、生地が違うのではなく、デザインの違いです。

コーチ シグネチャー コーチ オプ アート カイラ プリント

画像向かって

左:シグネチャー
中:オプ アート
右:カイラ プリント


まずは、みなさんよ~くご存知のシグネチャーと言えば、上記画像(左)のように明朝体のような「C」のロゴの、レザーではない素材です。上記画像(中)のオプ アートは、視力検査の時に使われるような(笑)ゴシック体のような「C」のロゴで、レザーではない素材です。

そしてもう1つの素材、レザーは、最近のシグネチャー人気に押されて若干、影をひそめていましたが、昨年あたりからレザーの展開が増えてきました。

でも、元々シグネチャーと言えば、上質のレザーしかありませんでした。

私が初めてコーチを買ったのは、今から20年以上前で、確か日本で3店舗目のコーチ・銀座三越店(確か・・・ですよ)がオープンした時です。

その当時、シグネチャーなるマテリアルは無く、レザーオンリーの、オシャレと言うよりは、クオリティにこだわるような商品ばかりでした。

革は分厚く裏がスウェードになっている1枚皮のものばかりでしたが、そのシンプルさに心惹かれて購入したものは、おぼろげですが2万円~3万円くらいだったような気がします。

デザインは、現在も販売されているクラシック レザーの「スチュワーデス バッグ」に瓜二つです。なので・・・クラシック レザーシリーズは、肩こりが激しい人は要注意です(笑)。

何しろあの当時の私には、初の高級バッグだったので、いろいろと良く覚えています。

しかし・・・革がしっかりしすぎているのが裏目に出て、とにかく重かった。肩が抜けるような重さに耐えかね、私の初コーチは、友人の妹のもとに行きました。

ちなみに友人の妹から、「肩が抜けた」と言う報告は未だ入っていません。

重い・・・その1点だけに悩まされた私は、長い間コーチを敬遠していたのですが、ここで再び私に火をつけたのが、2001年に発表された「シグネチャー・コレクション」でした。

その当時は、ヴィトン・グッチ・セリーヌなど、何て表現していいんだか、ロゴがたくさん入ったゴブラン織りのような生地・・・っぽいバッグがたくさん発表されていましたからね。シグネチャーも、これに続けとばかりのマテリアルだったと思いますが、結果、大成功でした。

コーチ トートバッグ

コーチ トート

「大は小を兼ねる」と言いますからね。やはり小さいバッグだと、あれも入らない、これも入らない・・・と言う事は多いですが、その点トートバッグは心強い。

雑誌にペットボトル、コスメポーチなど必須常備の女性は、トートバッグ以外に選択肢はないですね。

そんなトートバッグ、大きければいいって物じゃないし、安っぽいのは嫌、ちょっとおしゃれで手頃な価格・・・となると、絶対コーチに行きつきます(笑)。

コーチのトートバッグは、「人気のシリーズ×3種類のマテリアル×シルエット」と、幾通りものデザインがあるので、たくさんあり過ぎて、何を選んでいいか迷ってしまいますね。

価格は4万円台~6万円台中心ですが、実勢価格は、な・な・なんと1万円台~で、人気の物は1万円台後半~2万円台が中心です。

新作でも、WEBでは定価の40%引きくらいで販売しているショップもあるので、探してみてくださいね。

ただ、人気ブランドであるが所以、コピー商品も多く出回っています。ですので信頼できるショップで購入する事をおすすめします。

コーチ トートバッグ ソーホー プリーテッド シグネチャーBKコーチ トートバッグ ソーホー プリーテッド シグネチャーKHコーチ トートバッグ ギャラリー シグネチャー ジッパー トートGRコーチ トートバッグ ギャラリー シグネチャー ジッパー トートBKコーチ トートバッグ パッチワーク デニム ギャラリー トートTZコーチ トートバッグ パッチワーク デニム ギャラリー トートBL
コーチ トートバッグ ラインナップ







コーチ 財布

バッグでは大人気のコーチですが、お財布は・・・と言うと、意外と持っている人は少ないような気がするので、かえっておススメではないでしょうか?

ブランド財布はいろいろと使ってきましたたし、かなりの数を見てきましたが、コーチの財布の作りについては、使い易さが考えられ、丁寧に作られていていると思います。

コーチ 財布

個人的には、コーチの小物は財布にしても、カードケースにしても縫製がかなりしっかりしているし、財布はカード入れが多いデザインが多いので、けっこう気に入っています。

財布は毎日酷使されているので、徐々にほつれなどが出てきてしまいますが、コーチショップは今ではかなりの数があり(うちの近くにもあるので)、気づいた時にすぐショップにお直しが出せて便利です。

先日、数年使い続けているカードケースの折り目部分の縫い目がほつれてきたので、ファスナーが外れて使っていなかった財布と一緒に、お直しに出しました。

かかった費用は、(実勢価格の)お財布が1つ使えるくらいになってしまいましたが、物を大切に使う気持ちが大事ですからね。(・・・と自分に言い聞かせる)

価格は3万円台~5万円台で、長財布は4万円台が中心です。・・・・が、しかし、WEBでの実勢価格は1万円台前半、中には1万円切っているものもあるので、探してみてはいかがでしょうか?

デザインは、シグネチャーかレザーが主流で、比較的シンプルなデザインと色目の物が多いです。

実勢価格は1万円台前半なので、コストパフォーマンスは、数多のブランド財布の中でも上位に入ると思います。

コーチ 財布 F44621-SVBKコーチ 財布 F42628-SIGROコーチ 財布 F43605-SVTPコーチ 財布 F43605-SLLLLコーチ 財布 F43609-SBWBKコーチ 財布 Purse_F44621-SVGY
コーチ 財布 ラインナップ







コーチ 時計

コーチ好きの方にとっては、バッグも財布も・・・ときたら、時計もコーチで揃えたくなってしまいますね。

バッグ程の人気はありませんが、時計はお値段が手頃なので、20代女性を中心に人気があります。

コーチ 時計

時計を買ったみなさん、大体おっしゃていることが同じで、選んだ理由は
 ・高級感がある
 ・シンプル
 ・デザインがおしゃれ
 ・どんな服装にも合わせやすい
 ・値段がお手頃
ほぼこれに当てはまります。

画像の時計は、ベルト部分がシグネチャーになっているので一目でコーチと解り、ファンには人気の高い時計です。

このベルトデザインは、他にもクロノタイプなどがあって、シグネチャーのバッグと合わせて持つと可愛いと評判です。

他のタイプは・・・というと、12時下部にひっそりとCOACHと書いてある、良く見ないとどこのブランドだか分からない、シンプルなデザインが多く、価格は定価3万円台~5万円台が中心です。

売れ筋の時計は、実勢価格が2万円台~3万円台が多いので、ぜひバッグとお揃いで持ちたい時計です。

コーチ 店舗

コーチ ONE表参道
コーチ初の旗艦・銀座店

コーチの店舗に行かなくても、ネットの電源をオンにすれば、いくらでもショッピングが出来る世の中ですが、やはり買う前には、手に取ってその手触り、質感、発色などを確認したいところです。

知人の話ですが、いいなぁ・・・と目を付けていたバッグを、割引のきくネットで買う前に実物を確認しようと店舗に行ってみたら、店内、色とりどりのバッグが素敵にディスプレイされていて、思わず「これをください」と言わせてしまう魔法にかけられるようです(笑)。

まぁ、そのくらいリアル店舗は、来た人にワクワクとさせてくれる不思議な魅了があるという事ですね。

店舗数は2012年8月時点で、日本全国に約150店舗のコーチショップがあるので、お住まいのお近くのショップをぜひ、探してみて下さい。 →コーチ 店舗



Copyright (C) 2011~2016 Brand123 All Rights Reserved.

 バーキン  セリーヌ  ゴヤール
 ボッテガヴェネタ  コーチ  トリーバーチ
 マークジェイコブス